【実績公開】4月編:電気代&太陽光発電 3ヶ年比較【一条工務店のランニングコスト】

この記事は約4分で読むことができます

こんにちは、てんぱぱです。

新年度がスタートして約1ヶ月半。

先日、息子のランドセルの展示会に行きました。

来年の今頃には、息子はもう小学生…。

時間の流れは早いですね〜(^_^;)

さて、今回の記事では、3年間(2020〜2022年)の4月の電気代と太陽光発電の実績をお伝えいたします。

今後、毎月更新したいと考えていますので、ぜひ参考にしてください。

てんぱぱ

我が家のリアルな実績を公開します。ぜひ最後までお付き合いください。

目次

基本情報

我が家の基本情報

【建物タイプ】一条工務店 ismart(アイスマート)

【引き渡し】2019年秋

【建物の特徴】2F建て/延床面積約30坪/3LDK/吹き抜けあり/オール電化/さらぽか採用

【電力会社】関西電力

【太陽光発電搭載量】10.5kW

【売電単価】15.4円/kWh(余剰買取) ※買取期間:20年間

【蓄電池】搭載なし

【省エネ地域区分】6地域(旧区分では5地域)

4月 家庭状況(2020〜2022年)

ここ3年間、4月の我が家の状況は以下の通りです。

時期息子備考
2020年4月在宅勤務
(ときどき出社)
仕事保育園誕生前つねに誰か在宅
2021年4月育児休業育児休業保育園
(週3日程度)
在宅つねに誰か在宅
2022年4月仕事仕事保育園保育園平日昼間は無人
【表】4月 我が家の家庭状況:2020〜2022年

2年前(2020年)の4月は、新型コロナウイルス対策として僕の在宅勤務がスタートしたタイミングでした。

もうそこから2年が経つんですね…。

また、主要な設備や家電については、以下のように稼働させていました。

ちなみに、日頃の生活の中で、節電はまったく意識していません…。

  • 【全館床暖房】24時間稼働(設定:24〜25℃ / 室温:22℃前後)→4月中旬にOFF
  • 【デシカント換気】24時間稼働(快適モード)
  • 【加湿器】ほぼ24時間稼働→4月中旬にOFF
  • 【食洗機】1日2回稼働
  • 【洗濯機】1日2回稼働(洗濯:1回 / 洗濯&乾燥:1回)

4月 平均気温および日射時間(2020〜2022年)

我が家にもっとも近い観測地点のデータです。

年・月平均気温(℃)日射時間(h)
2020年4月12.5201.5
2021年4月14.4211.1
2022年4月16.0201.5
3ヶ年平均14.3204.7
【表】4月 平均気温・日射時間:2020〜2022年

【参照】気象庁 Webサイト(観測地点:奈良県 奈良)

【4月】電気代 3ヶ年比較(単位=円)

それでは、ここ3年間の4月の電気代を公開いたします。

支払額:①発電額(消費額+売電額):②(消費額)(売電額)差:②-①
202010,59021,9122,54819,364+11,322
20219,29521,9152,89919,016+12,620
202210,81721,7233,08318,640+10,906
3ヶ年平均10,23421,8502,84319,007+11,616
【表】4月 電気代:2020〜2022年(単位=円)
【グラフ】4月 電気代:2020〜2022年(単位=円)

【参考:電気使用量】2020年:442kWh→2021年:376kWh→2022年:379kWh

支払額・発電額ともに、3年間を通してさほど変化のない結果となりました。

なお、電気使用量は2021年も2022年もほぼ同じなのですが、支払額は2021年より2022年のほうが約1.2倍となっています…。

3年間の平均を見ると、支払額より発電額が約11,000円/月のプラスとなりました。

太陽光発電の導入見送りを検討したこともありますが、この結果を見るたびに「太陽光発電を取り入れて良かったなぁ」と実感しています。

【4月】太陽光発電量 3ヶ年比較(単位=kWh)

ここ3年間の4月の太陽光発電の実績をお伝えいたします。

発電量想定:①発電量実績(消費量+売電量):②(消費量)(売電量)比較:②÷①
20201,1321,4231651,257125.7%
20211,1321,4231881,235125.7%
20221,1321,4112001,210124.6%
3ヶ年平均1,1321,4191851,234125.3%
【表】4月 太陽光発電量:2020〜2022年(単位=kWh)
【グラフ】4月 太陽光発電量:2020〜2022年(単位=kWh)

3年間とも安定して、一条工務店のシミュレーションの125%前後の発電量でした。

例年、4月・5月が年間でいちばん発電される時期です。(真夏は気温が高すぎて発電の効率がやや落ちてしまうようです。)

一条工務店のアプリを見て、発電量のチェックをすることが楽しみな季節ですね。

まとめ

4月分の我が家の電気代と太陽光発電について、リアルな実績をお伝えしました。

  • 全館床暖房は月の半ばまで稼働させたまま節電は意識せず生活
  • 3年間平均の電気代(支払額)は約10,000/月
  • 3年間平均の太陽光発電の実績(発電量)は約1,400kWh/月 ※想定の125%の結果

今後も引き続き、我が家のランニングコストである電気代について、太陽光発電の実績とともにお伝えしてまいります。

てんぱぱ

皆様の素敵な家づくりのために、このブログがお役に立てれば幸いです。最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

Google Adsense

この記事が参考になったならシェア
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる